GooglePlusのルリビタキの記事

ウィキペディアよりヒタキ科を引用

『ヒタキ科 (Sibley)』より : ヒタキ科(ヒタキか、学名 Muscicapidae)は、鳥類スズメ目の科である。
ヒタキ(鶲)と総称されてきたが、100種以上がツグミ科から移され、その中にはコマドリ類・シキチョウ類・ルリチョウ類などもいる。
英語では、従来ヒタキ科に含まれていた種を flycathsers、ツグミ科から移された種を chats と区別するが、これらは自然分類ではない。
旧大陸・オーストラリア区の中低緯度に生息する。
嘴(くちばし)は横に扁平で、基部が太く剛毛が生えている。
森林に住む。
枝の上に止まり、飛ぶ虫に向かって飛び上がり空中で捕食し、元の枝に戻る「ヒタキ型」給餌をする。
系統と分類 系統樹は Sangster et al. (2010); Zuccon & Ericson (2010)より。
1–12 は Zuccon & Ericson による仮の系統名である。
ヒタキ科はツグミ科と姉妹群であり、これら2科でヒタキ上科の大半を占める。
ヒタキ科の中での系統位置が不明なムラサキツグミ Grandala やイワトビヒタキ Pinarornis はツグミ科だとする説もある。

選択画面へ