GooglePlusのユキノシタの記事

ウィキペディアよりユキノシタを引用

ユキノシタ(雪の下、学名:Saxifraga stolonifera)はユキノシタ科ユキノシタ属の植物。
本州、四国、九州及び中国に分布し、湿った半日陰地の岩場などに自生する常緑の多年草である。
人家の日陰に栽培されることも多い。
葉は円形に近く(腎円形)、裏は赤みを帯びる。
根本から匍匐枝を出して繁殖する。
開花期は5-7月頃で、高さ20-50 cmの花茎を出し、多数の花をつける。
花は5弁で、上の3枚が小さく濃紅色の斑点があり基部に濃黄色の斑点があり、下の2枚は白色で細長い。
花弁の上3枚は約3-4 mm、下2枚は約15-20 mmである。
本種の変種または品種とされるホシザキユキノシタには、こうした特徴は現れず、下2枚の長さは上3枚と同じくらいとなる。
開花後、長さ約4 mmほどの卵形の蒴果(さくか)を実らせる。
APG植物分類体系での分類 古い分類のクロンキスト体系では、バラ目となっていたが、APG植物分類体系第2版ではユキノシタ目となり、ユキノシタ科のユキノシタ属となる。

選択画面へ