GooglePlusのヤマツツジの記事

ウィキペディアよりヤマツツジを引用

『ツツジ』より : ヤマツツジ(山躑躅、学名:Rhododendron kaempferi)はツツジ科ツツジ属の半落葉低木。
高さは1-5mになり、若い枝には淡褐色の伏した剛毛が密生する。
葉は互生し、葉柄は長さ1-3mmになる。
春葉と夏葉の別があり、春葉は春に出て秋に落葉し、夏葉は夏から秋に出て一部は越冬する。
春葉は長さ2-5cm、幅0.7-3cmになり、卵形、楕円形、長楕円形、卵状長楕円形など形状や大きさに変化が多く、先は短くとがり先端に腺状突起があり、基部は鋭形、葉の両面、特に裏面の脈上に長毛が生える。
夏葉は春葉より小型で、長さ1-2cm、幅0.4-1cmになり、倒披針形、倒披針状長楕円形で、先は丸く先端に腺状突起があり、基部はくさび形、葉の両面に毛が生える。
花期は4-6月。
枝先の1個の花芽に1-3個の花をつける。
花柄は長さ3-4mmになり、花冠の筒はやや太く、色は朱色、まれに紅紫色、白色があり、径3-4cmの漏斗形で5中裂する。
花冠の上側内面に濃色の斑点があり、内面に短毛が散生する。
雄蘂は5本。
花柱は長さ3-4cmになり無毛。
果実は蒴果で長さ6-8mmの長卵形で、8-10月に熟し裂開する。

選択画面へ