GooglePlusのヤマカガシの記事

ウィキペディアよりヤマカガシを引用

ヤマカガシ(山楝蛇、赤楝蛇、Rhabdophis tigrinus)は、有鱗目ナミヘビ科ヤマカガシ属に分類されるヘビ。
有毒。
特定動物。
分布 日本(本州、四国、九州、佐渡島、隠岐島、壱岐島、五島列島、屋久島、種子島に分布し、南西諸島、小笠原諸島および北海道には分布しない)固有種 形態 全長60 - 120センチメートル。
頭胴長は55 - 120cm。
体色は地域変異があり、関東地方の個体群は体側面に赤色と黒色の斑紋が交互に入る。
関西地方の個体群は体側面の斑紋が不明瞭。
近畿地方西部から中国地方の個体群では青色型もみられる。
頸部背面には黄色の帯があり、幼体でより鮮やかで、成長するにつれてくすんでくる。
この黄色の帯も個体によっては表れない。
胴中央付近の背面の体鱗数は19列。
鱗には強いキールがある。
毒 毒牙は上顎の奥歯にあり、0.2センチメートル以下と短い。
毒線(デュベルノワ腺)を圧迫する筋肉がないため、一瞬噛まれただけでは毒が注入されないこともある。

選択画面へ