GooglePlusのヤブマメの記事

ウィキペディアよりマメ科を引用

マメ科(まめか、Fabaceae syn. Leguminosae)は、被子植物に含まれる分類群の1つで、いわゆるマメの仲間を含む。
マメ科・ネムノキ科・ジャケツイバラ科に3分する説もあったが、ジャケイツバラ科が他の2科を内包する側系統であり、系統的には否定された。
マメ科の植物は、葉が羽状複葉になるものが多い。
また「就眠運動(夜になると葉柄や小葉の根元(葉枕)で折れ曲がり葉が閉じること)」をするものもある。
オジギソウでは触れただけで同じような運動を起こす。
托葉があり、葉と同様に大きくなるもの(エンドウ)、蜜腺になるもの(ヤハズエンドウ)、とげになるもの(ハリエンジュ)などもある。
蔓性のものも多く、茎が巻き付くものと巻きひげを発達させるものがある。
草本も木本もあり、また立派な樹木になるものも含まれる。
花は左右対称になる傾向がある。
マメ亜科は独特の形を持っており、蝶形花という。
雌しべは平らで、熟すると2つに割れ、中に1列におさまる種子を放出するものが多い。
いわゆる「まめ」の形である。
種子には胚乳はなく巨大な子葉が栄養分を蓄えている。

選択画面へ