GooglePlusのモツゴの記事

ウィキペディアよりモツゴを引用

モツゴ(持子、脂魚、学名 Pseudorasbora parva)は、コイ目コイ科モツゴ属の淡水魚の一種である。
日本、中国を含む東アジアに分布し、都市周辺部においてもよく見られる。
関東地方では、受け口の頭部形状に由来するクチボソ(口細)の別名でも知られる。
関西地方ではムギツクをクチボソということがあり、新潟県などではマガレイを指すなど、カレイ科の魚を指す地方もある。
他の地方名として、ヤナギモロコ(岐阜)、イシモロコ(滋賀)、ヤナギハヤ(群馬)などもある。
漢名は「麦穂魚」で、地方名に「假青衣」、「羅漢魚」、「浮水仔」などがあり、客家語では「禾稿公」と呼ぶ。
「もつ」は脂っこいのを「むつこい」ということから「むつ」が「もつ」に変化。
「こ」は魚を表す語尾。
形態 全長8cm前後。
最大11cmだが、飼育下ではさらに大型化することもある。
体色は銀白色で完全な側線をもち、側線に沿って1本の明瞭な黒色縦条が入る。
ただし縦条は成長につれ薄れて消失したり、もともとない個体も存在する。
近縁種のシナイモツゴやウシモツゴは側線が不完全な点が、モツゴとの外見上はっきりした相違である。

選択画面へ