GooglePlusのムラサキハシドイの記事

ウィキペディアよりライラックを引用

ライラック(Lilac、紫丁香花(むらさきはしどい)、学名:Syringa vulgaris)はモクセイ科ハシドイ属の落葉樹。
ライラックの呼称は英語の仮名転写に由来し、他にフランス語由来のリラでも呼ばれる。
和名はムラサキハシドイ(紫丁香花)。
ヨーロッパ原産。
春(日本では4-5月)に紫色・白色などの花を咲かせ、香りがよく香水の原料ともされる。
日本には近縁種ハシドイ (Syringa reticulata) が野生する。
開花はライラックより遅く、6-7月に花が咲く。
ハシドイは、俗称としてドスナラ(癩楢、材としてはナラより役に立ちにくい意味)とも呼ばれることがある。
花言葉は友情・青春の思い出・純潔・初恋・大切な友達、西洋では「pride(誇り)」・「beauty(美)」。
ハシドイの名は、木曽方言に由来する。
属の学名 Syringa は笛の意で、この木の材で笛を作ったことによるという。
象徴 ライラックまたはハシドイを象徴とする日本の地方公共団体の一覧。
札幌市 長沼町 釧路市(ハシドイ) 欧州の民間伝承では白い花のライラックを家に持ち込むと不吉なことが起こるとされている。

選択画面へ