GooglePlusのミヤマガラスの記事

ウィキペディアよりミヤマガラスを引用

ミヤマガラス(深山烏、深山鴉、Corvus frugilegus)は、鳥綱スズメ目カラス科カラス属の1種である。
分布 ユーラシア大陸中緯度地方。
日本では、越冬のため飛来する冬鳥で、かつては本州西部と、特に九州に飛来したが、現在はほぼ全国に飛来する。
ニュージーランドにもかつてイギリスからの移民によって、害虫駆除の目的で持ち込まれ帰化している。
形態 全長47cm、翼開長90cm。
全身は黒い羽毛で覆われる。
嘴は細く、成鳥では基部の皮膚が剥き出しになり白く見える。
生態 森林や農耕地に生息する。
大規模な群れを形成する。
コクマルガラスと混群を形成することもある。
樹上にコロニーを形成し、木の枝等をお椀状に組み合わせた巣を作る。
食性は雑食で昆虫類、鳥類の卵や雛、果実、種子等を食べる。
1回に3–5個の卵を産む。
主にメスが抱卵し、その間オスはメスに対し捕らえた獲物を与える。
外部リンク BirdLife International 2004. Corvus frugilegus. In: IUCN 2006. 2006 IUCN Red List of Threatened Species.。

選択画面へ