GooglePlusのミヤマオダマキの記事

ウィキペディアよりミヤマオダマキを引用

ミヤマオダマキ(深山苧環、学名:Aquilegia flabellata var. pumila)は、キンポウゲ科オダマキ属の多年草。
北海道~中部地方以北、南千島から朝鮮北部、樺太に分布する高山植物である。
園芸品種として改良されたものが山野草として栽培されるが、高山性のものとしては栽培しやすい方である。
形態 根は太くてまっすぐに下に伸びる。
葉は根出状に数枚出る。
それぞれ2回3出複葉で、1回目の葉柄ははっきり出るが、2回目はごく短く、小葉は互いに集まる。
小葉は扇形、薄くて淡緑色、表面は粉を吹いたようになる。
茎は高さ10-25 cmほど、花期は6-8月で先端に数輪の花をうつむき加減につける。
花は青紫色、萼片は広卵形で傘状に開き、花弁は円筒形にまとまって付き、先端はやや白っぽく、基部からは萼の間を抜けて距がのびる。
果実は袋果で、5本の先のとがった筒を束ねたような姿で上を向く。
秋田県・宮城県・群馬県・石川県でレッドリストの絶滅危惧種(絶滅危惧I類)と岩手県で絶滅危惧II類に指定されている。

選択画面へ