GooglePlusのミツバツチグリの記事

ウィキペディアよりバラ科を引用

バラ科 (Rosaceae) はバラ目に属する植物の科の一つ。
およそ90属2500種を含む。
科名の由来であるバラを始め、野草・栽培種とも多彩な種を含む。
花弁・がくは5枚、雄蕊は10本ないし多数あり、雌蕊は1本のものから多数分立するものまで多様。
葉は単葉または複葉で根元に托葉がある。
サクラ、ウメ、モモなど日本で古くから親しまれている花木類、また、イチゴ、リンゴ、ナシ、ビワ、カリンなど果実、アーモンドなど種子が食用であるものも多い。
バラ科の食物はアレルギー症状が現れる場合がある。
詳しくは口腔アレルギー症候群を参照。
分類 3亜科に分けられる。
バラ亜科 Rosoideae - 心皮は多数分立し(雌蕊が多数)、花托(茎に由来しイチゴの食用部分にあたる)の上に乗る。
各心皮が痩果(イチゴなど)あるいは小核果(キイチゴ、バラなど)を作る。
シモツケソウ属 Filipendula - オニシモツケ キイチゴ属 Rubus - クマイチゴ・ビロードイチゴ Colurieae ダイコンソウ属 Geum コキンバイ属 Waldsteinia ワレモコウ連 Sanguisorbeae アカエナ属 Acaena キンミズヒキ属 Agrimonia ワレモコウ属 Sanguisorba - ワレモコウ バラ属 Rosa - バラ、ハマナス キジムシロ連 Potentilleae キジムシロ属 Potentilla - キジムシロ オランダイチゴ属(イチゴ属, フラガリア属) Fragaria - ノウゴウイチゴ チョウノスケソウ亜科 Dryadoideae チョウノスケソウ属 Dryas モモ亜科 Amygdaloideae (シモツケ亜科 Spiraeoideae、ナシ亜科 Pyroideae、リンゴ亜科 Maloideae、スモモ亜科 Prunoideae はモモ亜科 Amygdaloideaeに統合された。

選択画面へ