GooglePlusのホオジロの記事

ウィキペディアよりホオジロを引用

ホオジロ(頬白、Emberiza cioides)は、スズメ目ホオジロ科ホオジロ属に分類される鳥類の一種。
東アジアに広く分布し、顔の模様とさえずりが特徴的な小鳥である。
分布 シベリア南部、中国から沿海地方、朝鮮半島、日本まで、東アジアに広く分布する。
日本では種子島、屋久島から北海道まで分布し、身近な野鳥の一つである。
基本的に長距離の渡りはしない留鳥だが、北海道などの寒冷地では夏鳥として渡来繁殖し、冬季は暖地や南方へ移動する。
形態 成鳥は全長17 cmほどでスズメとほぼ同じ大きさだが、尾羽が長い分だけ大きくみえる。
翼開長が約24 cm。
成鳥の顔は喉・頬・眉斑が白く目立ち、「頬白」の和名はここに由来する。
一方、頭・過眼線・顎線は褐色で、先の白色部と互い違いの帯模様のように見える。
オスは過眼線が黒いが、メスは褐色なのでよく観察すると区別がつく。
メスの方がオスよりも全体に色が淡い。
幼鳥は顔の色分けが不鮮明で、全体的に淡褐色をしている。
くちばしは短く太い円錐形をしている。
頭頂部は褐色と黒の羽毛が混じり、短い冠羽がある。

選択画面へ