GooglePlusのピーマンの記事

ウィキペディアよりピーマンを引用

ピーマンはナス科の一年草、およびその果実。
学名はCapsicum annuum L. 'grossum' であり、トウガラシの栽培品種に分類される(' 'は栽培品種を表す)。
果肉は種子以外ほとんど空洞である。
日本の店頭で食用として販売されるものは、明治初頭にアメリカから伝わったイスパニア種を品種改良した中形で緑色のものが多いが、近年はカラーピーマンも出回っている。
緑色は未成熟の果実のためであり、成熟すると一般的なものは赤色のほか黄色、橙色に変わるものもある。
北米では大形の成熟した様々な色のものが流通する。
その他に、未成熟で白色や、黒色(濃い紫色)、紫色のものもある。
加熱すると緑色に変化し、熟すると橙色、赤色に変わる。
英語では「Green pepper」、「Red pepper」、「Yellow pepper」などと呼ばれる。
日本語における「ピーマン」の由来は、ピメント(フランス語の「piment」あるいはスペイン語の「pimiento」(いずれも広義のトウガラシを指す)とされる。

選択画面へ