GooglePlusのヒバリの記事

ウィキペディアよりヒバリを引用

ヒバリ(雲雀、Alauda arvensis)は、スズメ目ヒバリ科ヒバリ属に分類される鳥類。
春を告げる鳥として古来より洋の東西を問わず親しまれている。
別名、告天子(こうてんし、こくてんし、ひばり) 。
分布 アフリカ大陸北部、ユーラシア大陸、イギリス、日本。
日本では亜種ヒバリが周年生息(留鳥)し、亜種カラフトチュウヒバリや亜種オオヒバリが冬季に越冬のため本州以南へ飛来(冬鳥)する。
A. a. japonica ヒバリ 日本 北部個体群や積雪地帯に分布する個体群は冬季になると南下する。
形態 全長17センチメートル。
翼開長32センチメートル。
後頭の羽毛は伸長(冠羽)する。
上面の羽衣は褐色で、羽軸に黒褐色の斑紋(軸斑)が入る。
下面の羽衣は白く、側頸から胸部にかけて黒褐色の縦縞が入る。
胸部から体側面にかけての羽衣は褐色。
外側尾羽の色彩は白い。
初列風切は長く突出する。
次列風切後端が白い。
嘴は黄褐色で、先端が黒い。
後肢はピンクがかった褐色。
卵の殻は灰白色で、灰色や暗褐色の斑点が入る。
オスは頭部の冠羽をよく立てるが、メスはオスほどは立てない。

選択画面へ