GooglePlusのヒドリガモの記事

ウィキペディアよりヒドリガモを引用

ヒドリガモ (緋鳥鴨、学名:Anas penelope Linnaeus, 1758)は、カモ目カモ科マガモ属に分類される鳥類の一種。
オナガガモ、マガモ、コガモなどと並んで、日本で最も普通に見られるカモ類である。
淡水型カモの一種で、他の淡水型カモよりも海上に出る傾向がある。
分布 ユーラシア大陸の北部の寒帯地域やアイスランドで繁殖し、冬季はヨーロッパ、アフリカ北部、インド北部、中国南部、朝鮮半島、日本などに渡り越冬する。
日本では冬鳥として全国に渡来する。
北海道では厳冬期には少なく、春と秋によく見られる。
形態 全長はオスが約53 cm、メスが約43 cm、翼開長は68-84 cm。
オスの成鳥は額から頭頂がクリーム色で、顔から頸が茶褐色、胸は薄い茶色である。
体の上面は灰色で黒い細かい斑が密にある。
下尾筒は黒い。
メスは全体に褐色、他のカモ類と比較して赤褐色みが強く、腹は白い。
オスのエクリプスはメスと似ているが、雨覆羽が白く全体に赤みが強い。
くちばしはやや短めで、雌雄とも青灰色で先端が黒い。
体の下面は白い。
次列風切羽には白黒緑の模様がある。

選択画面へ