GooglePlusのハヤブサの記事

ウィキペディアよりハヤブサを引用

ハヤブサ(隼、鶻、鸇、Falco peregrinus)は、動物界脊索動物門鳥綱ハヤブサ目ハヤブサ科ハヤブサ属に分類される鳥類。
分布 南極大陸を除く全世界 F. p. furuitii シマハヤブサ日本(北硫黄島<絶滅?>)種小名peregrinusは「外来の、放浪する」の意。
寒冷地に分布する個体群は、冬季になると温帯域や熱帯域へ移動し越冬する。
日本では亜種ハヤブサが周年生息(留鳥)し、冬季に亜種オオハヤブサが越冬のためまれに飛来する(冬鳥)。
形態 全長オス38-45センチメートル、メス46-51センチメートル。
翼開張84-120センチメートル。
体重0.5-1.3キログラム。
メスの方が大型になる。
頭部の羽衣は黒い。
頬に黒い髭状の斑紋が入る。
体上面や翼上面の羽衣は青みがかった黒。
喉から体下面の羽衣は白く、胸部から体側面にかけて黒褐色の横縞が入る。
眼瞼は黄色く、虹彩は暗褐色。
嘴の色彩は黒く、基部は青灰色。
嘴基部を覆う肉質(ろう膜)は黄色。
分類 19亜種に分かれる。
Falco peregrinus anatum  アメリカハヤブサ Falco peregrinus calidus  ウスハヤブサ Falco peregrinus furuitii  シマハヤブサ Falco peregrinus harterti シベリアハヤブサ Falco peregrinus japonensis ハヤブサ Falco peregrinus pealei  オオハヤブサ Falco peregrinus peregrinus Tunstall, 1771 Falco peregrinus tundrius  ツンドラハヤブサ - など 生態 河川、湖沼、海岸などに生息する。

選択画面へ