GooglePlusのハタネズミの記事

ウィキペディアよりハタネズミを引用

ハタネズミ(畑鼠、英: Japanese grass vole)は、茶褐色で尾の短い日本固有種のハタネズミである。
哺乳綱ネズミ目キヌゲネズミ科に分類される。
ニホンハタネズミとも呼ぶ。
成獣は頭胴長9.5~13.6cm、尾長2.9~5.0cm体重22~62gほどである。
南部に生息する個体のほうが体が大きめである。
背面の毛色は茶色または灰黄赤色で、腹面は灰白色となる。
本州、九州、佐渡島、能登島に分布する。
造林地や高山のハイマツ帯、河川敷や田畑などの地表から地中約50cmの間に、網目状の巣穴を掘り生活している。
イネ科、キク科を中心とする草を食べる。
秋になると巣穴に食料を貯える。
冬は雪の下に巣穴を掘ることもある。
時々大発生し、イネ、サツマイモやニンジンなどの根菜、造林地などの樹木、果樹に大きな被害を及ぼすことがある。
捕食者はイタチ、トビ、ヘビなどである。
夜行性。
日没と日の出前の2,3時間に活動することが多い。
生まれたての子は無毛で目が閉じている。
生後6日ほどで切歯が生え、生後10日ほどで目が開き、巣の周りを動き回るようになる。

選択画面へ