GooglePlusのハシビロガモの記事

ウィキペディアよりハシビロガモを引用

ハシビロガモ(嘴広鴨、Anas clypeata)は、鳥綱カモ目カモ科マガモ属に分類される鳥類。
分布 北アメリカ大陸やユーラシア大陸の高緯度から中緯度地域で繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸北部、北アメリカ大陸南部、ヨーロッパ南部、インド、中華人民共和国南部などへ南下し越冬する。
日本では冬季に越冬のため飛来し(冬鳥)、北海道で少数が繁殖する。
形態 全長43-56センチメートル。
翼長オス22.5-24.5センチメートル、メス22-22.5センチメートル。
翼開張70-85センチメートル。
体重0.4-1.1キログラム。
次列風切の光沢(翼鏡)は緑色。
嘴は幅広く、和名の由来になっている。
英名shovelerもシャベル型の嘴に由来する。
後肢は橙色。
卵は長径5.2センチメートル、短径3.7センチメートルで、殻は淡黄褐色。
オスは雨覆が青灰色。
虹彩は黄色。
繁殖期のオスは頭部が光沢のある暗緑色、胸部や腹部側面の羽衣、尾羽は白い。
体側面から腹部の羽衣は赤褐色で、尾羽基部を被う羽毛(上尾筒、下尾筒)は黒い。

選択画面へ