GooglePlusのノスリの記事

ウィキペディアよりノスリを引用

ノスリ(鵟、学名 Buteo japonicus)は、鳥類タカ目タカ科ノスリ属の1種である。
従来、ノスリ属の模式種ヨーロッパノスリ Buteo buteo などと同種とされていたが、2008年の分子系統により別種と判明した。
分布 中央・南シベリア、モンゴル、中国、日本に棲息する。
夏季は亜寒帯や温帯域で繁殖し、冬季は熱帯や温帯へ渡りをおこない越冬する。
日本では亜種ノスリ、亜種ダイトウノスリ、亜種オガサワラノスリが生息する。
亜種ノスリは、北海道、本州中部以北、四国の山地で繁殖し、繁殖地では留鳥である。
この他南西諸島を除く全国に冬鳥として飛来する。
亜種ダイトウノスリは大東諸島に留鳥として生息したとされていたが、すでに絶滅しているとされる。
亜種オガサワラノスリは小笠原諸島に留鳥として周年生息する。
形態 全長50–60cm。
翼開長100–140cm。
体重500–1300g。
オスよりもメスの方が大型になる。
背面は褐色、腹面は淡褐色の羽毛に覆われる。
喉の羽毛は黒い。
虹彩は褐色。
B. j. oshiroi ダイトウノスリ 全体的に黄土色がかり、背面や翼の羽毛の赤みが強い。

選択画面へ