GooglePlusのニリンソウの記事

ウィキペディアよりニリンソウを引用

ニリンソウ(二輪草、学名:Anemone flaccida)は、キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。
春山を代表する花のひとつ。
深く裂けた根生葉を持つ。
茎に3枚が輪生する葉には、サンリンソウのような柄はない。
3-6月に、白い萼片を持つ直径約2 cmの花をつける。
多くは1本の茎から特徴的に2輪ずつ花茎が伸び、和名の由来となっている。
まれに1輪や3輪のものもある。
根茎で増えるため、群落を作ることが多い。
別名が、「フクベラ・ガショウソウ」。
分布と生育環境 東アジア(樺太、朝鮮、中国(北部・東北地方)、ウスリー地方、日本)に分布する。
日本では北海道、本州、四国、九州に分布し、主に湿潤な山地の林床や周辺部に生育する。
基準標本はサハリンのもの。
利用 根茎は「地烏(ジウ)」と呼ばれ、漢方薬として用いられる。
また、若葉は山菜として食用とされ、アイヌ達は冬季の重要な備蓄食料として、5月から6月に採集し利用していた。
一方で、有毒植物であるトリカブトの若葉に似ていることから注意が必要である。

選択画面へ