GooglePlusのニイニイゼミの記事

ウィキペディアよりニイニイゼミを引用

ニイニイゼミ(学名 Platypleura kaempferi)は、カメムシ目(半翅目)・セミ科に分類されるセミの一種。
日本・台湾・中国・朝鮮半島に分布する小型のセミである。
成虫の体長は20-24mm。
生きている時は全身に白っぽい粉を吹くが、頭部と前胸部の地色は灰褐色、後胸部と腹部は黒い。
後胸部の背中中央には橙色の"W"字型の模様がある。
他のセミに比べて体型は丸っこく、横幅が広い。
複眼と前翅の間に平たい「耳」のような突起がある。
また、セミの翅は翅脈(しみゃく)以外透明な種類が多いが、ニイニイゼミの前翅は褐色のまだら模様、後翅は黒地に透明の縁取りである。
ニイニイゼミとその近縁種の抜け殻は小さくて丸っこく、全身に泥をかぶっているので、他のセミの抜け殻と容易に区別がつく。
また、他種に比べて木の幹や根元などの低い場所に多い。
北海道から九州・対馬・沖縄本島以北の南西諸島、台湾・中国・朝鮮半島まで分布する。
ただし喜界島・沖永良部島・与論島には分布しない。
群馬県でレッドリストの「注目」の指定を受けている。
日本産のセミとしては学名の記載が早かった種類で、学名 "kaempferi" は、江戸時代に長崎・出島に赴任したドイツ人医師エンゲルベルト・ケンペルに対する献名となっている。

選択画面へ