GooglePlusのナスの記事

ウィキペディアよりナスを引用

ナス(茄子、茄、ナスビ、学名:Solanum melongena)はナス科ナス属の植物。
また、その果実のこと。
原産地はインドの東部が有力である。
その後、ビルマを経由して中国へ渡ったと考えられている。
中国では茄もしくは茄子の名で広く栽培され、日本でも1000年以上に渡り栽培されている。
温帯では一年生植物であるが、熱帯では多年生植物となる。
平城京の長屋王邸宅跡から出土した木簡に『進物 加須津毛瓜 加須津韓奈須比』との記述があり、高位の者への進物にナスの粕漬けが使われていたことが判明した。
また、正倉院文書には「天平六年(734年)茄子十一斛、直一貫三百五十六文」をはじめとして多数の「茄子」の記述がみられる。
これらのことから、日本では奈良時代すでにナスの栽培が行われていたことがわかる。
実の味から「中酸実」(なかすみ)が語源とされる。
夏に実がなるので「夏実」(なつみ)と読んだが、それが訛って「なすび」(奈須比)と呼ばれたとする説もある。
室町時代頃に宮廷の女官が女房言葉として「なす」と呼び、その呼称が定着した。

選択画面へ