GooglePlusのトビの記事

ウィキペディアよりトビを引用

トビ(鳶、学名: Milvus migrans)は、タカ目タカ科に属する鳥類の一種。
トンビとも言う。
ほとんど羽ばたかずに尾羽で巧みに舵をとり、上昇気流に乗って輪を描きながら上空へ舞い上がる様や、「ピーヒョロロロロ…」という鳴き声はよく知られており、日本ではもっとも身近な猛禽類である。
形態 タカ科の中では比較的大型であり、全長は60~65cmほどで、カラスより一回り大きい。
翼開長は150~160cmほどになる。
体色は褐色と白のまだら模様で、眼の周囲が黒褐色になっている。
地上や樹上にいるときは尾羽の中央部が三角形に切れ込んでいるが、飛んでいるときは尾羽の先端が真っ直ぐに揃う個体もいる。
また、飛んでいる時は翼下面の先端近くに白い模様が見える。
生態 主に上昇気流を利用して輪を描くように滑空し、羽ばたくことは少ない。
視力が非常に優れていると言われ、上空を飛翔しながら餌を探し、餌を見つけるとその場所に急降下して捕らえる。
餌は、郊外に生息する個体は、主に動物の死骸やカエル、トカゲ、ヘビ、魚などの小動物を捕食する。

選択画面へ