GooglePlusのトキソウの記事

ウィキペディアよりラン科を引用

ラン科(蘭科、Orchidaceae)は、単子葉植物の科のひとつで、その多くが美しく、独特の形の花を咲かせる。
世界に700属以上15000種、日本に75属230種がある。
鑑賞価値の高いものが多く、栽培や品種改良が進められている。
他方、採取のために絶滅に瀕している種も少なくない。
ラン科の種はラン(蘭)と総称される。
英語では「Orchid(オーキッド)」で、ギリシア語の睾丸を意味する「ορχις (orchis)」が語源であるが、これはランの塊茎(バルブ)が睾丸に似ていることに由来する。
南極をのぞくすべての大陸の熱帯から亜寒帯に自生する。
被子植物の中では最も後に地球上に現れた植物である。
被子植物の中で、もっとも種数の多い科となっている。
植物体は偽鱗茎(バルブ)を持つものなど独特の部分が多く、また、花は左右対称で、虫媒花の中では特異なほど効率の良い花形を発達させ、特定の昆虫との共進化を見せるものも知られている。

選択画面へ