GooglePlusのツクツクボウシの記事

ウィキペディアよりツクツクボウシを引用

ツクツクボウシ(つくつく法師、寒蝉、Meimuna opalifera )はカメムシ目(半翅目)・ヨコバイ亜目(同翅亜目)・セミ科に分類されるセミの一種。
晩夏から初秋に発生するセミで、特徴的な鳴き声をもつ。
ツクツクホーシ、オーシンツクと呼ばれることもある。
生態 北海道からトカラ列島・横当島までの日本列島、日本以外では朝鮮半島、中国、台湾まで、東アジアに広く分布する。
平地から山地まで、森林に幅広く生息する。
地域によっては市街地でも比較的普通に発生する(盛岡市など)が、基本的にはヒグラシと同じく森林性(湿地性)であり、薄暗い森の中や低山帯で多くの鳴き声が聞かれる。
この発生傾向は韓国や中国でも同様である。
成虫は特に好む樹種はなく、シダレヤナギ、ヒノキ、クヌギ、カキ、アカメガシワなどいろいろな木に止まる。
警戒心が強く動きも素早く、クマゼミやアブラゼミに比べて捕獲が難しい。
成虫は7月から発生するが、この頃はまだ数が少なく、鳴き声も他のセミにかき消されて目立たない。
しかし他のセミが少なくなる8月下旬から9月上旬頃には鳴き声が際立つようになる。

選択画面へ