GooglePlusのツキノワグマの記事

ウィキペディアよりツキノワグマを引用

ツキノワグマ (Ursus thibetanus) は、食肉目クマ科クマ属に分類される食肉類。
別名アジアクロクマ、ヒマラヤグマ。
形態 体長120 - 180センチメートル。
尾長6 - 10.5センチメートル。
体重オス50 - 120キログラム、メス40 - 70キログラム。
最大体重173キログラム。
肩が隆起せず、背の方が高い。
全身の毛衣は黒いが、赤褐色の個体もいる。
胸部に三日月形やアルファベットの「V」字状の白い斑紋が入り(無い個体もいる)、和名の由来になっている。
旧属名Selenarctosは「月のクマ」の意で、これも前胸部の斑紋に由来する。
眼や耳介は小型。
乳頭の数は3対。
分類 亜種および記載年は(川口, 1991)(Wozencraft, 2005)、和名は(川口, 1991)に従う。
Ursus thibetanus thibetanus G. Cuvier, 1823 ヒマラヤツキノワグマ アッサム、シレット Ursus thibetanus formosanus Swinhoe, 1864タイワンツキノワグマ 台湾 Ursus thibetanus gedrosianus Blanford, 1877 バルキスタン Ursus thibetanus japonicus Schlegel, 1857 ニホンツキノワグマ 日本(本州、四国) Ursus thibetanus laniger (Pocock, 1932) カシミール Ursus thibetanus mupinensis (Heude, 1901) 中華人民共和国(四川省) Ursus thibetanus ussuricus (Heude, 1901) ウスリー 生態 森林に生息する。

選択画面へ