GooglePlusのチュウヒの記事

ウィキペディアよりチュウヒを引用

チュウヒ(沢鵟、学名:Circus spilonotus)は、タカ目タカ科チュウヒ属に分類される鳥類。
本種の名前は「宙飛」が由来とされているが、実際は低空飛行を得意とし、一方「野擦」が由来とされているノスリはチュウヒよりも高空を飛翔することが多いため、この両者は名前が入れ替わって記録されているという説がある。
分布 主な繁殖地は北アメリカ大陸北部やユーラシア大陸北部。
冬になると越冬のために南下する。
日本には越冬のために飛来する冬鳥。
かつては北海道や本州北部で繁殖していたが、現在では中部地方・近畿地方・中国地方でも繁殖が確認されている。
形態 オスは全長48cm。
メスは58cm。
メスの方が大型になる。
体色は地域や個体による変異が大きい。
オスは頭部、背面、雨覆、初列風切羽の先端は黒い。
腹部の羽毛は白い。
尾羽の背面(上尾筒)には白い斑紋がある。
メスや幼鳥は全身が褐色の羽毛に覆われる。
腹面は淡褐色で褐色の斑紋が入る。
生態 草原や湿地、ヨシ原等に生息する。
食性は肉食性で、魚類、両生類、爬虫類、鳥類やその卵、小型哺乳類等を捕食する。

選択画面へ