GooglePlusのチュウサギの記事

ウィキペディアよりチュウサギを引用

チュウサギ(中鷺、学名:Ardea intermedia)は、コウノトリ目サギ科の鳥で、白鷺の仲間。
名前は中型のサギを示す。
シノニム Mesophoyx intermedia(birdlife International等の記載名) Ardea intermedia(Wikipedia英語版等の記載名) 形態 体長 68cm ほどで、ダイサギより一回り小さい。
全身が白、足は全体が黒く、眼先が黄色。
ダイサギに似るが、体長が小さいこと、嘴が短いこと、眼下に入る口角の切れ込みが眼の真下で止まるところで区別できる。
夏羽では嘴が黒くなり、背に飾り羽根が現れる。
眼先が少々緑がかる。
冬羽では嘴が黄色くなるが、先端のみ黒く残る場合もある。
分布 ユーラシア、アフリカ、オーストラリアの温帯から熱帯に分布する。
日本では夏鳥で、本州以南に渡来する。
また九州など暖地では少数が越冬する。
生態 内陸の平地を好み、ダイサギやコサギが昼間に水田や湿地、浅い湖沼や河川などの湿地に出て魚や両生類を捕食するのに対し、本種は田植え前の田、休耕田など比較的乾いた場所で、主にバッタなどの昆虫を捕食する。

選択画面へ