GooglePlusのタケノコメバルの記事

ウィキペディアよりメバルを引用

メバル(鮴、眼張、眼張魚 学名:Sebastes inermis, Sebastes cheni, Sebastes ventricosus の3種)は、条鰭綱- カサゴ目- フサカサゴ科 (en) (あるいはメバル科)のメバル属に分類される海棲硬骨魚のうち、人為分類によって日本で古来「メバル」と呼ばれてきた3種の総称(2008年以前にはメバル属中の1種と見なされていた)。
日本の北海道から九州にかけての沿岸の岩礁域に多く棲息する。
日本語では春告げ魚(はるつげうお)との雅称でも呼ばれる。
生物的特徴 分類 2008年8月に日本魚類学会の英文機関誌 "Ichthyological Research" で、これまで同じ種とされてきた「メバル」は、DNA解析によると3種に分類できることが発表された。
これに伴い、本項は日本語で「メバル」と総称される人為分類群を扱うものとなっている。
元の学名 Sebastes inermis を踏襲したのは「アカメバル」であり、他の2種「シロメバル」と「クロメバル」は近縁の異種である。

選択画面へ