GooglePlusのソバナの記事

ウィキペディアよりキキョウ科を引用

名称 キキョウ科
色 lightgreen
界 植物界 :w:Plantae Plantae
門 被子植物門 :w:Magnoliophyta Magnoliophyta
綱 双子葉植物綱 :w:Magnoliopsida Magnoliopsida
目 キキョウ目 :w:Campanulales Campanulales
科 キキョウ科 :w:Campanulaceae Campanulaceae
下位分類名 属
下位分類 * 本文参照
キキョウ科 (ききょうか、Campanulaceae)は双子葉植物の科で、大部分が草本、一部はつる性の、約80属2,000種からなり、世界的に広く分布する。
花は花弁が合生し先が5つほどに分かれる。
雄蕊 おしべは5本。

花が放射相称のキキョウ亜科(キキョウのように星型に開くもの、ホタルブクロやツリガネソウ(カンパニュラ)のように釣鐘型のものがある)と、左右相称のミゾカクシ(サワギキョウ)亜科(これをミゾカクシ科 Lobeliaceae として独立させることもある)の2亜科のほか、小さい2亜科がある。

選択画面へ