GooglePlusのスミレの記事

ウィキペディアよりスミレを引用

スミレ(菫)は、スミレ科スミレ属の植物の総称であるが、狭義には、Viola mandshurica という種の和名である。
ここでは種としてのスミレを記す。
なお、類似種や近縁種も多く、一般にはそれらを区別せずにスミレと総称していることが多い。
それらについても下記を参照されたい。
種名としてのスミレ(Viola mandshurica)は、道ばたで春に花を咲かせる野草である。
深い紫(菫色)の花を咲かせる。
地下茎は太くて短く、多数の葉を根出状に出す。
葉は根際から出て、少し長めの葉柄があって、少しやじり形っぽい先の丸い葉をつける。
花は独特の形で、ラッパのような形の花を横向きかやや斜め下向きにつける。
5枚の花びらは大きさが同じでなく、下側の1枚が大きいので、花の形は左右対称になる。
ラッパの管に当たるのは大きい花弁の奥が隆起したもので距(きょ)という。
花茎は根際から出て、やや立ち上がり、てっぺんで下を向いて花のラッパの管の中程に上側から着く。
平地に普通で、山間部の道ばたから都会まで、都会ではコンクリートのひび割れ等からも顔を出す。

選択画面へ