GooglePlusのスズガモの記事

ウィキペディアよりスズガモを引用

スズガモ(鈴鴨、学名:Aythya marila L.)は、カモ目カモ科ハジロ属に分類される鳥類の一種。
形態 全長はオスが約46 cm、メスが約43 cm、翼開長は74-80 cm。
小型の潜水ガモ(海ガモ)類であり、成鳥はくちばしは灰青色で目は黄色。
オスは黒い頭で緑の光沢がある。
メスは全体的に褐色。
嘴の基部に白い斑がある。
キンクロハジロと配色が似ている。
名前の由来は、飛ぶときの羽音が金属質で鈴の音に似ていることから。
分布 繁殖地は北アメリカ大陸北部、ユーラシア大陸北部である。
冬季はヨーロッパ北部、カスピ海、中国東部、北アメリカ西部及び東部に渡り越冬する。
アリューシャン列島では、留鳥として周年見られる。
日本では冬鳥として、亜種スズガモが海岸に多数渡来する。
日本に渡来する海ガモ類では、最も渡来数が多い種とされる。
東京湾、藤前干潟などでは毎冬大群が見られる。
北海道東部では夏でも観察される。
生態 越冬期には、主に内湾など波の静かな海に大群で生息する。
ただし少数の群れで海や海に近い湖沼等にも分布する。

選択画面へ