GooglePlusのシロフオナガバチの記事

ウィキペディアよりハチ目を引用

ハチ目(ハチもく、Hymenoptera)は昆虫のグループの1つ。
膜翅目(まくしもく)とも呼ばれる。
ハチ全般の他、アリを含む大きなグループである。
膜翅目の名の由来ともなったように丈夫な膜状の4枚の翅を持つ、一般的に前翅の方が大きい。
雌はしばしば産卵管を毒針に変化させている。
ハナバチ科、スズメバチ科、アリ科の多くのように、社会性を持つものも多い。
アリ、ハチとも幼虫、蛹、成虫のステージがあり、完全変態昆虫である。
幼虫は多くのものでは付属肢のないウジ型に近いが、ハバチ類ではチョウ目の幼虫に似たイモムシ型である。
受精卵はメスに、未受精卵は単為発生によりオスとして発生する。
ハチ、アリの詳細についてはそれぞれの項に任せる。
ここでは、アリとハチの繁殖、進化、分類を述べる。
ハチ目の繁殖と家族社会 ハチ目に属す昆虫は、家族社会を構成しているものが多く存在することが知られる。
すなわち、雌のうちの一匹から数匹が女王蜂(蟻)として産卵を担当し、それ以外の多数の雌は働き蜂(蟻)として巣作り・餌集めなどを担当するという分業を行っている。

選択画面へ