GooglePlusのシャリンバイの記事

ウィキペディアよりシャリンバイを引用

シャリンバイ(車輪梅、学名:Rhaphiolepis indica var. umbellata、 シノニム:R. umbellata)は、バラ科シャリンバイ属の常緑低木。
日本(東北地方南部以南)、韓国、台湾までの海岸近くに分布する。
庭木や公園樹として植栽されることも多い。
葉は楕円形で厚く、深緑色でつやがある。
縁には浅い鋸歯が出ることもある。
多くの場合、枝先に葉が集中する傾向があり、単葉で車輪状に互生する。
4-6月に白または淡紅色の5弁の花(両性花)をつける。
10-11月に直径1 cm程の球形のナシ状果の果実は黒紫色に熟す。
海岸に多く、日向の岩の上などに見られる。
奄美大島では大島紬の染料に使われる。
また、乾燥や大気汚染に強いことから道路脇の分離帯などに植栽されたり、艶のある常緑葉が美しく、良く刈り込みに耐えるため庭木として植栽されたりする。
和名は枝の分岐する様子が(葉の配列の様子とも)車輪のスポークのようで花が梅に似ることから。
分類 変異が多く、いくつかの変種が報告されているが、それらを認めるかどうかには諸説がある。

選択画面へ