GooglePlusのシジュウカラの記事

ウィキペディアよりシジュウカラを引用

シジュウカラ(四十雀、学名 Parus minor)は、鳥類スズメ目シジュウカラ科シジュウカラ属の1種である。
分布 日本や韓国を含む東アジア、ロシア極東に分布する。
近縁種の Parus major が、ユーラシア中部・西部・北アフリカに生息する。
アムール川流域では2種が交雑なしに共存している。
日本では4亜種が留鳥として周年生息する。
形態 全長は約14.5cm (13–16.5 cm) で、スズメぐらいの大きさ。
翼開長は約22 cm。
体重は11-20g。
種小名 minor は「小さな」の意だが、シジュウカラ科の中では大型種である。
上面は青味がかった灰色や黒褐色、下面は淡褐色の羽毛で覆われる。
頭頂は黒い羽毛で覆われ、頬および後頸には白い斑紋が入るが、喉から胸部にかけて黒い斑紋に分断され胸部の明色部とは繋がらない。
喉から下尾筒(尾羽基部の下面)にかけて黒い縦線が入る。
翼の色彩は灰黒色。
大雨覆の先端に白い斑紋が入り、静止時には左右1本ずつの白い筋模様の翼帯に見える。
嘴の色彩は黒い。
足の色彩は淡褐色。
オスは喉から下尾筒にかけての黒い縦線が、メスと比較してより太い。

選択画面へ