GooglePlusのサワヒヨドリの記事

ウィキペディアよりヒヨドリバナを引用

名称 ヒヨドリバナ
色 lightgreen
界 植物界 :w:Plantae Plantae
門 被子植物門 :w:Magnoliophyta Magnoliophyta
綱 双子葉植物綱 :w:Magnoliopsida Magnoliopsida
目 キク目 :w:Asterales Asterales
科 キク科 :w:Asteraceae Asteraceae
属 ヒヨドリバナ属 ”:w:Eupatorium Eupatorium”
種 ヒヨドリバナ ”E. makinoi”
学名 ”Eupatorium makinoi”
和名 ヒヨドリバナ(鵯花)
英名
ヒヨドリバナ(鵯花、学名:”Eupatorium makinoi”)とはキク科の多年草。
日本各地の林道の脇、草原や渓流沿いなどの日当たりの良い場所に自生する。

高さは1mほど。
茎葉は細長く立ち上がり、葉は対生し、あらい鋸歯がある。
花期は8~10月頃。
フジバカマに似ているが、フジバカマの葉は3裂するのに対して本種は裂けないので区別できる。

ヒヨドリバナは、無性生殖型と有性生殖型があり、形態に変異が多い。

選択画面へ