GooglePlusのコバイケイソウの記事

ウィキペディアよりユリ科を引用

ユリ科 (Liliaceae) とは、被子植物の分類の一つ。
単子葉植物に属する。
ユリやチューリップなど、地下に鱗茎・球根が発達するものが多い。
1998年に発表されたAPG体系の分類の研究が進むまでは、ネギ属やヤマノイモ属といったAPG体系上ではキジカクシ目やヤマノイモ目に分類される種を含む広範で多種多様な科であった。
チューリップなど園芸植物として親しまれている種も多い。
イヌサフランなど毒を持つものがある。
主な種 ユリ チューリップ APG植物分類体系ではユリ科に含まれなくなった主な種(ただし、上位区分は同じユリ目となる) イヌサフラン(イヌサフラン科) 以下、APG植物分類体系ではユリ科に含まれなくなった主な種(新たにキジカクシ目に分類された) アスパラガス マイヅルソウ(舞鶴草) ナギイカダ ヒヤシンス スズラン ネギ ニラ ニンニク タマネギ ラッキョウ カンゾウ(萱草) - カンゾウ(甘草)とは別種 ヤブラン属 Liriope ヤブラン L. muscari 分類について この科に所属されたのは、一般的に、花被片は、外片3個、内片3個、計6個の花弁状の披片を持ち、6本の雄蕊、子房上位などの特徴を持つものであったが、これは、単子葉植物の基本的体制と言えなくもない。

選択画面へ