GooglePlusのコハクチョウの記事

ウィキペディアよりコハクチョウを引用

コハクチョウ(小白鳥、Cygnus columbianus)は、鳥綱カモ目カモ科ハクチョウ属に分類される鳥類。
分布 C. c. bewickii コハクチョウユーラシア大陸北部で繁殖し、冬季になるとヨーロッパ(アイルランド、イギリス南部、オランダ、デンマークなど)、カスピ海周辺(西部個体群)か、大韓民国、中華人民共和国東部、日本など(東部個体群)へ南下し越冬する。
C. c. columbianus アメリカコハクチョウアメリカ合衆国、カナダ、メキシコ北部種小名columbianusは「コロンビアの」の意で、基亜種の越冬地の1つであるコロンビア川に由来する。
アラスカ州やハドソン湾などで繁殖し、冬季になるとカリフォルニア半島やチェサピーク湾などへ南下し越冬する。
形態 全長115-150cm。
翼開張180-225センチメートル。
属内では頸部が太短い。
全身の羽衣は白い。
嘴の先端が丸みを帯びるか角張って突出せず、色彩は黒い。
鼻孔は嘴の中央部よりやや先端寄りに開口する。
気管が長く紐状。
後肢の色彩は黒い。
幼鳥は全身の羽衣が淡灰褐色。

選択画面へ