GooglePlusのクサギの記事

ウィキペディアよりクサギを引用

クサギ(臭木、Clerodendrum trichotomum)は日当たりのよい原野などによく見られるシソ科の落葉小高木。
葉に悪臭がある事からこの名がある。
日本全国のほか朝鮮、中国に分布する。
従来はクマツヅラ科に入れられてきたが、現在はシソ科に移されている。
種小名は、「三分岐」の意味で、花序の枝を指す。
葉は大きく、長い葉柄を含めて30cmにもなり、柔らかくて薄く、柔らかな毛を密生する。
葉を触ると、一種異様な臭いがするのがこの名の由来である。
花は8月頃咲く。
花びらは萼から長く突き出してその先で開く。
雄しべ、雌しべはその中からさらに突き出す。
花弁は白、がくははじめ緑色でしだいに赤くなり、甘い香りがある。
昼間はアゲハチョウ科の大型のチョウが、日が暮れるとスズメガ科の大形のガがよく訪花し、受粉に与る。
果実は紺色の液果で秋に熟し、赤いがくが開いて残るためよく目立つ。
この果実は鳥に摂食されて種子分散が起きると考えられている。
道ばたなどでよく見かけ、遷移においては、藪の状態の所に侵入する最初の樹木として先駆植物(パイオニア)の典型である。

選択画面へ