GooglePlusのギンブナの記事

ウィキペディアよりギンブナを引用

ギンブナ(銀鮒、学名 Carassius auratus langsdorfii)はコイ目コイ科コイ亜科の淡水魚。
マブナとも呼ばれ、一般的にフナといえばキンブナとともに本種を指すことが多い。
分布 日本、台湾、朝鮮半島、中国に分布する。
中国名:簡体字: 兰氏鲫; 繁体字: 蘭氏鯽; ピン音: lánshìjì(?); ウェード式: lan2-shih4 chi4(?)主に池沼や河川の下流など、比較的流れの緩やかな場所に生息する。
形態 体高はゲンゴロウブナよりは低くキンブナよりは高い。
体色は緑褐色を示す。
孵化後1〜2年、体長8〜10cm程度で性成熟するが、その後最大で30cmにまで成長する。
ただ、一般的な成魚は15〜20cm程度の個体が大半である。
生態 止水、もしくは流れの緩い河川等に棲み、おもに低層で活動する。
雑食性で動物プランクトン、付着藻類、底生動物などを食べる。
植物性プランクトンを主食とするゲンゴロウブナに比べ肉食性が強く、ユスリカの幼虫やイトミミズ等の底生生物、小型の水生節足動物を好んで食べる。

選択画面へ