GooglePlusのキンクロハジロの記事

ウィキペディアよりキンクロハジロを引用

キンクロハジロ(金黒羽白、Aythya fuligula)は、動物界脊索動物門鳥綱カモ目カモ科ハジロ属に分類される鳥類。
分布 シベリア、ヨーロッパ北部などのユーラシア大陸北部で繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸北部、ヨーロッパ、中近東、インド、中華人民共和国東部などへ南下し越冬する。
日本では冬季に九州以北に越冬のため飛来し(冬鳥)、北海道では少数が繁殖する。
形態 全長40-47センチメートル。
翼長オス19.8-20.8センチメートル、メス18.9-20.2センチメートル。
翼開張67-73センチメートル。
体重0.3-1キログラム。
初列風切の上面には白い斑紋が入り、和名ハジロの由来になっている。
虹彩は黄色で、和名キンの由来になっている。
嘴はやや短く、幅広い。
嘴の色彩は灰青色で、先端は黒くその周囲は白い。
後肢は暗青灰色。
繁殖期のオスは後頭の羽毛が伸長し(冠羽)、英名(tufted=ふさのある)の由来になっている。
また頭部から胸部、体上面の羽衣が黒く、頭部の羽毛は紫色の光沢がある。
和名クロは羽衣に由来する。
メスは冠羽が短い。
非繁殖期のオス(エクリプス)やメスは全身の羽衣が黒褐色や暗褐色。

選択画面へ