GooglePlusのキショウブの記事

ウィキペディアよりアヤメを引用

アヤメ(菖蒲、文目、綾目、学名:Iris sanguinea)はアヤメ科アヤメ属の多年草である。
アヤメは多くが山野の草地に自生し、他のアヤメ属の種であるノハナショウブやカキツバタのように湿地に生えることは稀。
葉は直立し高さ40~60cm程度。
5月ごろに径8cmほどの紺色の花を1-3個付ける。
外花被片(前面に垂れ下がった花びら)には網目模様があるのが特徴で、本種の和名のもとになる。
花茎は分岐しない。
北海道から九州まで分布する。
古くは「あやめ」の名はサトイモ科のショウブ(アヤメグサ)を指した語で、現在のアヤメは「はなあやめ」と呼ばれた。
アヤメ類の総称として、厳密なアヤメ以外の種別にあたる、ハナショウブやカキツバタを、アヤメと呼称する習慣が一般的に広まっている(施設名、創作物など)。
見分け方 堀切菖蒲園には、アヤメ・カキツバタ・ハナショウブの見分け方として、次の記述の掲示がある(2005年6月現在)。
外花被片の模様での見分け方 なお、「いずれがアヤメかカキツバタ」という慣用句がある。

選択画面へ