GooglePlusのカワセミの記事

ウィキペディアよりカワセミを引用

カワセミ(翡翠、翡翆、魚狗、川蟬、学名:Alcedo atthis)は、ブッポウソウ目カワセミ科カワセミ属に分類される鳥の一種。
水辺に生息する小鳥で、鮮やかな水色の体色と長いくちばしが特徴で、ヒスイ、青い宝石、古くはソニドリ(翠鳥、鴗)と呼ばれることもある。
形態 全長は17 cmほどで (16-20cm) 、スズメよりも大きいが、長いくちばし(嘴峰長3.3-4.3 cm)のため体はスズメほどの大きさ。
日本のカワセミ科のなかでは最小種となる。
翼開長は約25 cm (24-25cm)。
体重19-40g。
くちばしが長くて、頭が大きく、頸、尾、足は短い。
オスのくちばしは黒いが、メスは下のくちばしが赤いのでオスと区別できる。
また、若干メスよりオスの方が色鮮やかである。
500系新幹線のノースデザインはカワセミのくちばしをモチーフとしている。
頭、頬、背中は青く、頭は鱗のような模様がある。
喉と耳の辺りが白く、胸と腹と眼の前後は橙色。
足は赤い。
幼鳥は全体に黒っぽく、光沢が少ない。
カワセミの青色は色素によるものではなく、羽毛にある微細構造により光の加減で青く見える。

選択画面へ