GooglePlusのカタクリの記事

ウィキペディアよりカタクリを引用

カタクリ(片栗、学名:Erythronium japonicum Decne.)は、ユリ科カタクリ属に属する多年草。
古語では「堅香子(かたかご)」と呼ばれていた。
早春に10 cm程の花茎を伸ばし、薄紫から桃色の花を先端に一つ下向きに咲かせる。
蕾をもった個体は芽が地上に出てから10日程で開花する。
花茎の下部に通常2枚の葉があり、幅2.5-6.5 cm程の長楕円形の葉には暗紫色の模様がある。
地域によっては模様がないものもある。
開花時期は4-6月で、花被片と雄しべは6個。
雄蕊は長短3本ずつあり、葯は暗紫色。
長い雄蕊の葯は短いものより外側にあり、先に成熟して裂開する。
雌蕊の花柱はわずかに3裂している。
地上に葉を展開すると同時に開花する。
日中に花に日が当たると、花被片が開き反り返る。
日差しがない日は終日花が閉じたままである。
開花後は3室からなる果実ができ、各室には数個-20程の胚珠ができる。
平均で60%程の胚珠が種子となる。
胚珠は長さ2 mmほどの長楕円形である。
染色体は大型で2n=24である。
早春に地上部に展開し、その後葉や茎は枯れてしまう。

選択画面へ