GooglePlusのカシラダカの記事

ウィキペディアよりカシラダカを引用

カシラダカ(頭高、学名:Emberiza rustica)は、スズメ目ホオジロ科に分類される鳥類の一種である。
和名の由来は、興奮すると頭頂部の羽を立たせることよる。
分布 スカンジナビア半島からカムチャッカ半島までのユーラシア大陸高緯度地域と、アリューシャン列島で繁殖し、冬季は中国東部に渡り越冬する。
また、中央アジアに渡る個体もある。
日本では冬鳥として、九州以北に渡来する。
形態 体長が約15 cm、翼開長が約24 cm。
後頭部に短い冠羽がある。
雄の夏羽は、頭部が黒く目の上から白い側頭線がある。
体の上面は茶色で黒い縦斑がある。
体の下面は白色である。
雄の冬羽と雌は、頭部と体の上面に淡褐色になる。
外観はホオジロのメスに似ている。
生態 平地から山地の明るい林や林縁、草地、農耕地、アシ原に生息する。
繁殖期はつがいで生活するが、それ以外は数羽から100羽程の群れを作って過ごす。
巣は地上または枝の上に椀形ものを作る。
卵数は4~6個である。
越冬時は地上を跳ね歩きながら時々冠羽を立てて、草木の種子を採食している。

選択画面へ