GooglePlusのカケスの記事

ウィキペディアよりカケスを引用

カケス(橿鳥、懸巣、鵥、Garrulus glandarius)とは鳥綱スズメ目カラス科カケス属に分類される鳥である。
分布 アフリカ大陸北部、ユーラシア大陸の中部から南部にかけて分布。
日本では九州以北で繁殖する留鳥で、北部に生息するものは冬季に南に移動する。
年により移動する個体数には変動があり、これは餌とする木の実の量に依存するものと考えられる(量が少ないときには、餌を求めて移動する)。
形態 全長33cm。
成鳥は額から頭のてっぺんまでが白と黒のまだら模様で喉、腹は白色、目の周りや尾羽は黒く後頭部、背面、胸部等は葡萄褐色。
羽の色が美しく特に基部は黒、白、青がだんだら模様を作っている。
くちばしは鉛色で先が黒い。
雌雄同色である。
生態 日本においては全国の平地、山地の森林に生息する。
繁殖期は縄張りを形成する。
食性は雑食で昆虫類が主食だが果実、種子等も食べる。
他の小鳥のひなを食べることもある。
また信州・美濃地方では「カシドリ」の異名もありカシ、ナラ、クリの実を地面や樹皮の間等の一定の場所に蓄える習性がある。

選択画面へ