GooglePlusのオオスズメバチの記事

ウィキペディアよりオオスズメバチを引用

『スズメバチ』より : オオスズメバチ(大雀蜂、学名:Vespa mandarinia)は、ハチ目スズメバチ科スズメバチ亜科スズメバチ属の昆虫の一種。
分布 オオスズメバチは、インドから東南アジア、東アジアにかけて広く分布する。
亜種 Vespa mandarinia mandarinia - 基亜種。
Vespa mandarinia japonica - 日本の北海道から九州に分布しており、南限は屋久島、種子島近辺。
英名はJapanese giant hornet。
形態 体長は女王バチが40-55mm、働きバチが27-40mm、雄バチが 27-45mm。
頭部はオレンジ色、胸部は黒色、腹部は黄色と黒色の縞模様で、羽は茶色。
雄バチは毒針(産卵管)を持たない。
生態 以前は標準和名として『オオスズメバチ』の他に単に『スズメバチ』を用いることも多かった。
木の根元などの土中、樹洞などの閉鎖空間に巣を作る。
巣は枯れ木などから集めた繊維を唾液のタンパク質で固め和紙のようにし、これを使用し六角形の管を作っていく。

選択画面へ