GooglePlusのエンレイソウの記事

ウィキペディアよりエンレイソウを引用

エンレイソウ(延齢草、Trillium smallii )は、ユリ科エンレイソウ属の多年草。
別名、タチアオイ。
「エンレイソウ」という呼び名は、他のエンレイソウ属 (Trillium) 植物に対して、またはエンレイソウ属全般を指して用いられる場合もある。
太く短い根茎から、高さ20-50cmの茎が一本伸び、その先端に3枚の葉を輪生する。
葉は葉柄を持たず、茎から直接生ずる。
葉の形状は丸みを帯びたひし形で、直径は10-20cm。
花期は4-6月。
3枚の葉の中心から短い花柄が伸び、小さな花をつける。
花は花弁を持たず3枚の緑色または濃紫色のがく片を持ち、横向きに咲く。
分布と生育環境 日本では、北海道、本州、四国、九州に分布し、低地や山林のやや湿った場所に生える。
東アジアでは、サハリン(樺太)、南千島に分布する。
利用 黒く熟した果実は食用となる。
根茎は中国では延齢草根と呼ばれ、古くから胃腸薬や催吐剤などの薬草とされるが、サポニンなどの有毒成分を含む有毒植物であり、過量に服用すれば、嘔吐、下痢などの中毒症状を起こす 。

選択画面へ