GooglePlusのエゾハルゼミの記事

ウィキペディアよりエゾハルゼミを引用

『ハルゼミ』より : エゾハルゼミ(蝦夷春蝉)Terpnosia nigricosta は、カメムシ目(半翅目)・セミ科に分類されるセミの一種。
特徴的な鳴き声を持つ小型のセミで、ブナ林などの落葉広葉樹林に生息する。
体長はオス31-33mm、メス22-24mmほど。
体色は全体的に黄褐色だが、頭部・胸部はやや緑色を帯び、黒い線や斑紋の模様がある。
同属のハルゼミより色が淡く、ハルゼミというよりむしろヒグラシを小さくしたような外見をしている。
北海道・本州・四国・九州、日本以外では中国にも分布する。
和名に「エゾ」(蝦夷)とあるが、北海道以外にも分布している。
日本産のセミとしては北方系で、西日本の分布は標高の高い山地に限られる。
生息南限は鹿児島県・宮崎県境の霧島山、鹿児島県の紫尾山とされている。
また、西日本の生息地ではコエゾゼミ Tibicen bihamatus と同所的に見られる。
北海道では多くの地域で最もメジャーなセミで、最盛期には森林や低山帯で無数の鳴き声が聞かれる。
またこのセミは本州以南でいうところのヒグラシのようなセミで、純粋な森林性であるため、市街地で鳴き声が聞かれることは少ない(道東では街中でもある程度発生しているが、基本的にこのセミは森のセミである)。

選択画面へ