GooglePlusのアブラゼミの記事

ウィキペディアよりアブラゼミを引用

アブラゼミ(油蟬、鳴蜩、学名 Graptopsaltria nigrofuscata)は、カメムシ目(半翅目)・ヨコバイ亜目(同翅亜目)・セミ科に分類されるセミの一種。
褐色の不透明な翅をもつ大型のセミである。
『アブラゼミ』という名前の由来は、翅が油紙を連想させるため名付けられたという説や、鳴き声が油を熱したときに撥ねる音に似ているため、『油蝉(アブラゼミ)』と名付けられた説などがある。
体長は 56-60mm で、クマゼミより少し小さくミンミンゼミと同程度である。
頭部は胸部より幅が狭く、上から見ると頭部は丸っこい。
体は黒褐色-紺色をしていて、前胸の背中には大きな褐色の斑点が2つ並ぶ。
セミの多くは透明の翅をもつが、アブラゼミの翅は前後とも不透明の褐色をしていて、世界でも珍しい翅全体が不透明のセミである。
なお、この翅は羽化の際は不透明の白色をしている。
抜け殻はクマゼミと似ているが、ひとまわりほど小さく、全身につやがあり色がやや濃い。
また、抜け殻に泥がつかないのも特徴である。
分布 日本(北海道から九州、屋久島)、朝鮮半島、中国北部に分布する。

選択画面へ