GooglePlusのアオジの記事

ウィキペディアよりアオジを引用

アオジ(青鵐、蒿鵐、蒿雀、Emberiza spodocephala)は、動物界脊索動物門鳥綱スズメ目ホオジロ科ホオジロ属に分類される鳥類。
分布 インド北部、中華人民共和国、台湾、朝鮮民主主義人民共和国、日本、ネパール、ブータン、ロシア南東部 夏季に中華人民共和国、ロシア南東部、朝鮮半島北部で繁殖し、冬季になると中華人民共和国南部、台湾、インドシナ半島などへ南下し越冬する。
日本では亜種アオジが北海道や本州中部以北で繁殖し、中部以西で越冬する。
また少数ながら基亜種が越冬(冬鳥)や渡りの途中(旅鳥)のため、主に本州の日本海側や九州に飛来する。
形態 全長14-16.5 cm。
体重16-25 g。
上面は褐色の羽毛で覆われ、黒い縦縞が入る。
中央部2枚の尾羽は赤褐色。
外側の左右5枚ずつは黒褐色で、最も外側の左右2枚ずつは白い。
上嘴は暗褐色、下嘴の色彩は淡褐色。
後肢の色彩は淡褐色。
オスは眼先や喉が黒い。
アオジ E. s. personata下面が黄色い羽毛で覆われ、喉が黄色い。

選択画面へ